群馬県の事業承継なら
MIA法律事務所へご相談ください

群馬県の事業承継なら
MIA法律事務所へご相談ください

事業承継とは会社や病院・クリニックなどが事業経営を後継者へ受け継ぐことです。日本社会の高齢化が進み、中小企業、小規模事業者などの経営者の高齢化も同時に進展しています。事業承継は決めてからすぐに実行できるものでもありません。また、事業承継は法律が多く関わるため弁護士などの専門家に相談することでスムーズに実行できるよう取り組むことが重要です。 重要な経営課題となりますので早めの計画をお勧めいたします。

事業承継の3つの手法

親族内承継

相続の観点からも最も望ましいのが親族への事業承継です。しかし、近年は親族が事業承継をしたくないということはよく聞く話です。

従業員承継

親族へ事業承継ができない場合の次の候補に挙げられるのが、従業員承継です。自社の役員・社員への承継となりますが、資金面や経営状況、経営能力など様々な面から困難な選択肢となることが多々あります。

M&A

親族内承継、従業員承継がうまくいかない場合の最後の選択肢となるのがM&Aです。第三者へ会社を譲ることがまだまだ抵抗がある経営者も多く存在することが事実です。しかし、従業員の雇用、取引先、顧客にとって事業継続が重要で、関係者へ迷惑のかからない方法です。 MIA法律事務所ではM&Aも業務としてお手伝いしております。 M&Aについて紹介ページ

事業承継を弁護士へ依頼するメリットとデメリット

メリット

  • 事業承継の方法や計画を明確にできる
  • M&Aへの対応サポートが期待できる
  • 事業承継にかかる時間を短縮できる
  • 相続争いを避けるための対策を講じることできる
  • 引き継ぐ前に自社問題の発見や法的リスクの回避ができる
  • デメリット

    • 費用がかかってしまう
    • 依頼先を誤ると本気度が伝わらず満足いく結果が得られない
    • 事業承継はあらゆる関係者との調整や法的リスクなど様々な面で検討していかなければならないことがあります。専門的に扱う方へ相談することが最終的には成功し関係者も満足する結果になります。

MIA法律事務所の特徴

  1. 経験豊富な弁護士が対応

    弁護士は主に「パートナー弁護士」と「アソシエイト」と呼ばれる弁護士で分かれます。「アソシエイト」は「パートナー弁護士」の補佐の役割となります。アソシエイトに業務を任せっきりの事務所も多く存在しますので、相談時には注意ください。私たちはパートナー弁護士が個別に対応いたします。

    弁護士のご紹介
  2. 年間相談数延べ3,000件以上

    3名の事務所ですが、年間相談件数は延べ3,000件以上で、全国のクライアントから相談を受けています。
    相談件数は経験値となり、様々な事例から相談者にとって最適な解決を導きます。

    MIA法律事務所について
  3. 初回相談無料(30分)

    事業承継はもちろんのこと、一般民事から企業法務、企業の顧問弁護士等、様々な相談を受け、解決に導いています。初回の相談は30分無料で受けておりますのでまずはご連絡ください。

    初回相談30分無料

07/08
現在

事業承継無料相談受付中
下記よりお問い合わせください