遺言書の作成・手続きは弁護士などの専門家へ相談することをお勧めします

遺言書の作成・手続きは弁護士などの専門家へ相談することをお勧めします

遺言書はさまざまな理由で遺言書を残される方がいます。生前お世話になった人にお礼がしたい、お孫さんへ財産を渡したい、というように故人が法律の定めとは異なる相続の配分を希望する場合に作成するものです。 どのように次の世代に財産を残すのか。そのための相続・遺言書の作成に関しては、被相続人の意向や親族関係、資産・負債の状況を正確に把握することはもちろんのこと、法律のみならず相続税などの税制に精通し、法改正や判例の動向等についてきめ細やかな配慮を行うことのできる専門家のサポートが不可欠です。

遺言書の作成・手続きを弁護士に 依頼するメリット

  • 法的トラブルへの対応
  • 有効な遺言書内容の作成ができる
  • 相続人同士が揉めない相続内容かの確認ができる
  • 遺言書へアドバイスがもらえる
  • 相続財産を正確に調査することできる

相続にはトラブルもつきものです。
故人の思いとは裏腹に家族間で場合によっては感情のもつれなどにより揉めてしまうこともあります。
万が一訴訟にまで発展した場合に弁護士は本人の代わりに裁判することも可能です。
費用はかかってしまいますが、適切な相続をするためにも弁護士に一度ご相談ください。

MIA法律事務所での遺言書への対応

  • point
    01

    遺言作成から相続税対策まで

    当事務所では、多くの考慮要素・被相続人のニーズを正確に把握した上で、多くの相続問題を取り扱った弁護士が、遺言作成、遺産分割協議のみならず相続税対策・相続税等の資金繰りなど、クライアントの意思を尊重した法律サービスを提供しております。

  • point
    02

    相続紛争にも迅速に対応

    不幸にも相続人間で相続財産に関する紛争が生じた場合には、任意交渉・調停・訴訟の各手続において、相続問題に関して豊富な経験を有する当事務所の弁護士がクライアントのニーズに即した結果が迅速に得られるようサポートいたします。

遺言書についてMIA法律事務所が選ばれる理由

  1. 経験豊富な弁護士が対応

    弁護士は主に「パートナー弁護士」と「アソシエイト」と呼ばれる弁護士で分かれます。「アソシエイト」は「パートナー弁護士」の補佐の役割となります。アソシエイトに業務を任せっきりの事務所も多く存在しますので、相談時には注意ください。私たちはパートナー弁護士が個別に対応いたします。

    弁護士のご紹介
  2. 年間相談数延べ3,000件以上

    3名の事務所ですが、年間相談件数は延べ3,000件以上で、全国のクライアントから相談を受けています。
    相談件数は経験値となり、様々な事例から相談者にとって最適な解決を導きます。

    MIA法律事務所について
  3. 初回相談無料(30分)

    遺産相続・遺言書の作成や手続き、相談はもちろんのこと、一般民事から企業法務、企業の顧問弁護士等、様々な相談を受け、解決に導いています。初回の相談は30分無料で受けておりますのでまずはご連絡ください。

    初回相談30分無料

遺言書についてよくある質問

遺言書に関するコラム

07/08
現在

遺言書無料相談受付中
下記よりお問い合わせください

TEL:027-329-5043 問い合わせ
フォーム
LINE