インターネット上の誹謗中傷は弁護士にご相談ください

インターネット上の誹謗中傷は弁護士にご相談ください

ネット上にいつの間にか自社に対する誹謗中傷や、悪い口コミをされてしまったことはございませんか? これらを放置することによって知らぬ間に企業の信用が低下してしまっていたり、自社の製品、サービスが売れなくなってしまったりするケースがあります。また、採用活動においても悪い口コミにより人が集まらなくなってしまうなど、放置するリスクは大きなものとなります。

MIA法律事務所で対応できること

  • 掲示板の書き込み削除請求
  • ブログ、SNSでの誹謗中傷の削除請求
  • 発信者情報の開示請求(IPアドレスの開示請求など)
  • 損害賠償請求・刑事告訴

インターネット上の投稿等を削除するための具体的対応

インターネット上の場合投稿者は匿名であることがほとんであったり、サイトの運営、管理者へ連絡を取る手段がネット上のみであったり、場合によっては連絡を取る手段がないケースもあります。状況に応じて対応を致します。

  • WEBサイト上のフォーム等での削除依頼
  • 送信防止措置依頼
  • 化処分申し立て

発信者情報開示請求の手順

誹謗中傷や悪質な口コミについては発信者が匿名のことが多いため、通常では特定が困難です。そのためプロバイダへIPアドレスの開示を求めることからはじめ、発信者情報の特定のため様々な情報を集め、発信者情報開示請求を行います。

  • IPアドレスの開示請求
  • アクセスプロバイダの特定
  • アクセスログの保存請求
  • 発信者情報の開示請求

損害賠償請求・刑事告訴について

インターネット上での誹謗中傷は、名誉毀損等を理由とし損害賠償請求も可能となっています。事業者にとって誹謗中傷や悪質な口コミ等で被害を受けた場合、事業にとって大きな損失になりかねません。場合によっては損害賠償請求・刑事告訴を行なっていきます。

  • 民事訴訟での請求
  • 捜査機関へ刑事告訴

弁護士と顧問契約を結ぶことで迅速な対応を

誹謗中傷や悪質な口コミ等は気づいた時には時間が経過していることも多々あります。その後の迅速な対応により被害を軽減することができる可能性があります。 弁護士と顧問契約を結んでおくことですぐに相談し、対応もできるためご検討してはいかがでしょうか。
弊所の顧問契約について

MIA法律事務所の特徴

  1. 経験豊富な弁護士が対応

    弁護士は主に「パートナー弁護士」と「アソシエイト」と呼ばれる弁護士で分かれます。「アソシエイト」は「パートナー弁護士」の補佐の役割となります。アソシエイトに業務を任せっきりの事務所も多く存在しますので、相談時には注意ください。私たちはパートナー弁護士が個別に対応いたします。

    弁護士のご紹介
  2. 年間相談数延べ3,000件以上

    3名の事務所ですが、年間相談件数は延べ3,000件以上で、全国のクライアントから相談を受けています。
    相談件数は経験値となり、様々な事例から相談者にとって最適な解決を導きます。

    MIA法律事務所について
  3. 初回相談無料(30分)

    削除請求・風評被害の相談はもちろんのこと、一般民事から企業法務、企業の顧問弁護士等、様々な相談を受け、解決に導いています。初回の相談は30分無料で受けておりますのでまずはご連絡ください。

    初回相談30分無料

07/08
現在

誹謗中傷・風評被害・削除請求無料相談受付中
下記よりお問い合わせください